川崎眼科 トップページ 診療のご紹介 ごあいさつ 来院のご案内 白内障手術
オルソケラトロジー

(就寝時装用コンタクトレンズ近視矯正法)

医療先進国のアメリカでは30年以上も前からたくさんの近視・乱視の治療実績があります。
 オルソ・ケラトロジーはアメリカの国立眼科研究機関(N.E.R.F.)により広められ、その後、特殊コンタクトレンズの改良も次々とすすめられた結果、安全な治療として社会的に認知されました。そしてアメリカ連邦食品医薬品局(FDA)やアメリカ連邦航空局(FAA)の許可後は、アメリカ以外の国々、特に近視大国の中国や韓国、台湾などで急速に普及し始め、アメリカでは約100万人、世界各国でも多く人々が治療を受けています。
 また、このオルソ・ケラトロジーは近視を矯正するだけでなく、近視進行を予防する近視抑制効果もあると言われています。
オルソ・ケラトロジーとは?

 オルソ・ケラトロジーは近視や乱視を矯正するためには従来とは全く異なる高酸素透過性コンタクトレンズを用いて行う視力矯正法のことです。
 今までのコンタクトレンズはつけている時には良く見えますが、はずしてしまうと見えなくなります。このオルソ・ケラトロジーで使用する特殊コンタクトレンズは、はずした後でも良く見えるようになるコンタクトレンズなのです。手術をせず近視を矯正します。
 またコンタクトレンズをはずして1〜2日でもとに戻りますので、可逆性のある治療法と言えます。その点で元に戻すことができるので安全であると考えられています。


レンズ装着前」
 通常は光が角膜と水晶体の屈折力により、網膜上で焦点を結びますが、近視の状態である場合、網膜より手前で焦点を結ぶために像がぼやけて見えます。
レンズ装着中」
 オルソケラトロジーレンズを就寝時に装用することにより、特殊な内面カーブが角膜前面の形状を変化させ、扁平化することにより焦点が網膜上で結ばれ、像がはっきり見えます。
レンズ装着後」
 オルソケラトロジーレンズによって扁平化された角膜前面は、レンズをはずしても一定時間形状が維持されるため、日中は裸眼視力が改善されます。

ページの先頭へ
オルソ・ケラトロジーの適応

●年齢

10才〜幅広い年齢層の方に適応しますが、近視進行の抑制効果があるといわれているため、特に仮性近視や近視の進む中学生や高校生に最も適しています。

●度数

1オルソケラトロジーには−5.00D以下の近視、−1.00D以下の乱視の方と言われています。

●こんな方にお勧め

スポーツをするので、日中眼鏡やコンタクトレンズを装用出来ない方や現在日中装用のCLに不便を感じている方、近視矯正手術に抵抗のある方、眼鏡を掛けるのが嫌いな方には大変理想的な治療法です。






ページの先頭へ