川崎眼科 トップページ 診療のご紹介 ごあいさつ 来院のご案内 白内障手術

診療のご紹介

 川崎眼科では最新の検査医療機器を取り揃えております。より正確な病状把握が可能となり、親身に説明させていただきます。これをもとに適切な治療を行います。患者様に安心して受診していただける医療提供ができますよう、努力しております。
 また、白内障手術適応の方には入院なしでできる日帰り手術を行っております。
 手術室には無停電装置を完備して、突然の停電の場合でも安全に手術を続行することができます。



川崎眼科 検査室
[手術室]
川崎眼科 検査室
[検査室]
診療科目/眼科

眼科一般

日帰り白内障手術 白内障の詳細はこちら

コンタクトレンズ取扱い

主な設備
TOPCONイメージネット

外来検査機器で撮影した画像を電子画像ファイリングとして保存し、病状の進行状態、治療前後の変化を患者様に説明することができます。

TRC-NW5SF蛍光眼底カメラ

造影剤を使用し、網膜血流を調べることが可能な眼底カメラです。糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症などの血管閉塞疾患に有効です。

ハンフリー自動視野計HFAU
クリーンルーム手術室(クラス10000)

ISO規格クラス4で、清浄度の高い手術環境

超音波白内障手術装置インフィニティ(R) ビジョンシステム
網膜硝子体手術装置アルコン アキュラス(R)
カールツァィス手術顕微鏡
カールツァィス IOLマスター

眼内レンズの度数(パワー)を決めるための機械です。
レーザーを用い、非接触方式で確かな眼軸長測定精度を高い再現性で測定することが 可能になりました。
非接触技術の採用により、角膜障害及び各種感染症の危険性を除去し、患者さまに対 して極めて高い安全性を 保証しています。また、測定のみでなく測定結果を踏まえた適切な眼内レンズ値を迅 速に計算します。 IOLマスターは、視覚改善の白内障手術のために、最大の機能を提供し、IOL (眼内レンズ)挿入後のさらに高いライフクオリティー を生み出す新技術です。


IOLマスター

電子カルテシステム Dynamics
ページの先頭へ