医療法人           
        川崎眼科

             診療内容

白内障手術 多焦点眼内レンズ 硝子体手術
I C L近視抑制治療 オルソケラトロジー
低濃度アトロピン点眼治療ドライアイ治療レーザー治療
コンタクトレンズ 眼科一般
 
〒586-0048
大阪府河内長野市三日市町1118−1 
日野谷ビル2階

TEL

南海高野線「三日市町」駅前すぐ
 当院は厚生労働省認定の 多焦点眼内レンズを用いた 白内障手術の 先進医療認定施設
トップページ 診療のご紹介 ごあいさつ 来院のご案内


診療のご紹介

  川崎眼科では個人クリニックながら、総合病院のように多数の検査医療機器を取り揃えております。その為、より正確な病状把握が可能となり、親身に説明させていただき、これをもとに適切な治療を行っております。
 また、手術に関しては白内障のみならず、より高度な技術を必要とする網膜硝子体手術も日帰り手術で行っております。手術経験豊富で眼科医の手術手腕を熟知した川崎院長が、日本で白内障手術と硝子体手術トップレベルの手術スペシャリストの先生お二人を川崎眼科に招聘し、他のどこの眼科施設にも負けない最高の手術レベルを患者様に提供しております。お二人とも眼科医の中で手術がうまいと評判のご高名な先生ですのでこのホームページに書きませんが院内掲示しております。また、川崎院長の手術希望の患者様には院長が執刀します。川崎眼科では三人の眼科手術者が手術を担当いたします。
 術後は定期検査でフォローを行い、眼の健康を通じ、患者様のQOL(クオリティー・オブ・ライフ)とQOV(クオリティー・オブ・ビジョン)向上に貢献致します。

※QOL(クオリティー・オブ・ライフ):生活の質
※QOV(クオリティー・オブ・ビジョン):視覚の質 



院内のご案内

【受付】
2F待合室】

【2F検査室】
【診察室前】

【当院スタッフ】
【3F検査室】
診療科目/眼科

白内障手術

網膜硝子体疾患に対する硝子体手術

近視矯正手術 ICL

近視抑制治療 オルソケラトロジー 低濃度アトロピン点眼治療

ドライアイ治療

レーザー治療 緑内障レーザー治療(虹彩光凝固術・隅角光凝固術)、網膜光凝固術、後発白内障手術

コンタクトレンズ取扱い

眼科一般

主な設備
TOPCONイメージネット

外来検査機器で撮影した画像を電子画像ファイリングとして保存し、病状の進行状態、治療前後の変化を患者様に説明することができます。

3次元眼底像撮影装置「DRI OCT Triton」

硝子体から脈絡膜まで鮮明に描写
診察に必要な様々な撮影機能を1台に集約

超広角走査型レーザー検眼鏡「Daytona」

画角200度、眼底の約80%の領域を無散瞳、非接触で撮影が可能です

TRC-NW5SF蛍光眼底カメラ

造影剤を使用し、網膜血流を調べることが可能な眼底カメラです。糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症などの血管閉塞疾患に有効です。

ハンフリー自動視野計HFAU
プロジェクションペリメーター手動視野計 MT-325UD

緑内障はもとより、様々な視野異常の検出に有効です。

クリーンルーム手術室(クラス10000)

ISO規格クラス4で、清浄度の高い手術環境

超音波白内障手術装置インフィニティ(R) ビジョンシステム
白内障・硝子体手術装置ステラリス(R)
カールツァィス手術顕微鏡 OPMI Lumera 700
カールツァィス眼底観察システム Resight
カールツァィス IOLマスター

眼内レンズの度数(パワー)を決めるための機械です。
レーザーを用い、非接触方式で確かな眼軸長測定精度を高い再現性で測定することが 可能になりました。
非接触技術の採用により、角膜障害及び各種感染症の危険性を除去し、患者さまに対 して極めて高い安全性を 保証しています。また、測定のみでなく測定結果を踏まえた適切な眼内レンズ値を迅 速に計算します。 IOLマスターは、視覚改善の白内障手術のために、最大の機能を提供し、IOL (眼内レンズ)挿入後のさらに高いライフクオリティー を生み出す新技術です。


IOLマスター

電子カルテシステム Dynamics
ページの先頭へ