医療法人           
          川崎眼科
          厚生労働省認定 先進医療実施施設

               診療内容

白内障手術 多焦点眼内レンズ 硝子体手術
近視矯正手術近視治療オルソケラトロジー
低濃度アトロピン点眼治療ドライアイ治療レーザー治療
コンタクトレンズ眼科一般抗VEGF治療
 
〒586-0048
大阪府河内長野市三日市町1118−1 
日野谷ビル2階

TEL

南海高野線「三日市町」駅前すぐ

★予約について★
患者様の待ち時間の短縮に取り組んでいます。予約希望の方は初診、再診に関わらず、来院予約をお電話でお取り致します。
   
当院では、大学病院同等クラスの高度な医療設備を備え、白内障や緑内障をはじめ、網膜剥離や糖尿病網膜症などの網膜硝子体疾患の日帰り手術を専門に行っています。
トップページ 診療のご紹介 ごあいさつ 来院のご案内


コンタクトレンズ


■コンタクトレンズについて


コンタクトレンズは目の外側に装着するレンズ(CL)と目の中に入れるレンズ(眼内レンズ)があります。

目の中に入れるレンズ(眼内レンズ)

詳しくは↓↓

近視矯正手術

■必ず眼科医の診察を受けてから


コンタクトレンズは「高度管理医療機器」であり、眼科医に処方してもらう必要があります。

コンタクトレンズは目の黒目部分(角膜)に直接、接触するものですから、不適応なレンズを装用したり、間違った使い方をすると、角膜が傷ついたり、酸素が十分に供給されなくなったりして、様々な目の病気にかかる可能性が出てきます。

また、コンタクトレンズは目の状態によっては、装用できない方もいらっしゃいます。ドライアイや結膜炎などの患者様は装用できませんし、目の発育途上にある小学生が装用すると、思わぬ影響が出る可能性があります。

コンタクトレンズをご購入になる際は必ず眼科医の診察を受け、ご自身の目に適したコンタクトレンズを処方してもらい、正しく取扱い方法の指導を受ける必要があります。

■コンタクトレンズ処方の流れ


初めてコンタクトレンズをされる方は事前予約が必要です。   コンタクト処方の受付は午前・午後とも診察終了時間の30分前まで    インターネット販売や長期処方に眼障害を発生させないため、コンタクトレンズの処方箋はお渡ししません。

@問診票の記載

処方にあたって、コンタクトレンズ問診票の記載をお願い致します。
 ※当院でコンタクトレンズを初めて処方される場合のみ

A検査・診察

屈折検査・視力検査・眼圧検査・角膜内皮写真撮影・眼底写真撮影などを行います。
目にキズや異常がないか確認します。
 ※目の状態によって検査内容は変わります。

Bコンタクトレンズ合わせ

コンタクトレンズの種類変更・度数合わせ・装用練習・正しい取扱いのご指導など
 ※患者様の希望によって変わります。

Cコンタクトレンズ処方

コンタクトレンズの処方を行います。

■取り扱っているコンタクトレンズのメーカー


ソフトコンタクトレンズ

 ●ジョンソンエンドジョンソン  ●シード  ●ボシュロム  ●アルコン  ●クーパービジョン

ハードコンタクトレンズ

 ●シード  ●メニコン  ●サンコン

※取り扱っている種類についてはお問い合わせください。
ページの先頭へ